肝臓に良いサプリメントは?

忙しく働いているビジネスマン、ストレスを抱える現代人、それぞれが身体や精神に疲れを感じて生きていますが、これらの疲れを真っ先に受けるのが肝臓です。

 

肝臓はそもそも活性酸素を除去して疲労を回復させる機能を持っていますが、あまりに激しい疲れに刺激されると、この疲労回復も追いつかなくなってしまい、さらには肝臓そのものが疲れてしまいます。

 

そのものが疲れを起こしてバランスを崩すと本来の働きが上手く出来なくなりますから疲労が蓄積してしまい負のサイクルが続いてしまいます。

 

それほど大切な器官ですから日頃から労わる努力をする必要があります。

肝機能にとって有効に働くのがオルニチンや肝臓エキスという成分です。

しじみなどの貝類に多く含まれる成分ですが、代謝機能を促す力を持っているので体内に入った疲労物質を早い段階で分解して排出するという力を持っています。

 

さらに肝臓が疲れる原因としてアルコールの過剰摂取がありますが、アルコールは一定量を越えると体内で毒としてみなされます。

 

オルニチンや肝臓エキスには解毒作用もあり飲み過ぎて不要になった分のアルコールを分解してくれます。
飲みすぎると二日酔いになるのは一定量を越えて飲んだアルコールが上手く分解されずに残っているためです。
またアルコール分解にはアミノ酸の力が必要となりますが、このアミノ酸についてもバランスよく含まれているのでさらに有効に働きます。

 

もちろん飲み過ぎは自分でコントロールすべき事ですが、どうしても飲まなければいけない時もあるでしょう。
こういった時にオルニチンや肝臓エキスを活用すると良いでしょう。

 

これらの成分は主にしじみなどから摂取しようとする人が多いですが、毎日しじみ汁をつくるのは面倒という人もいるでしょう。
最近ではこれらの成分を含むサプリも市販されています。

 

オルニチンや肝臓エキスを抽出して固形にしたサプリですから効果に期待が出来ますし、サプリは持ち歩くのも便利でお酒を飲んだ直後に飲むのも可能です。

肝臓に良い食べ物・飲み物はコレ!食品選び・レシピに工夫を

肝臓に良い食べ物として、ビタミンを豊富に含む諸k品は外すことはできません。肝臓を正常な状態で働かせて、健康に保つためには食品から毎日のようにビタミン成分は摂取することです。ビアみん成分にも種類がありますが、特に必要なのは抗酸化ビタミンである、ビタミンAとビタミンC,そしてビタミンEの栄養成分です。肝臓はとても働きますが、その時に酸素をたくさん使い、活性酸素という廃棄物が出てきます。活性酸素は体内において、老化や体調の不調にもつながります。

 

食べ物としては、レバーなどにもビタミンAの成分は豊富です。かぼちゃ屋ブロッコリーといった、色の濃い緑黄色野菜には、豊富なビタミンCの栄養成分が詰まっています。身近な食品でビタミンEをたっぷりふくむのは、黒ごまなどもよいでしょう。抗酸化ビタミンの食べ物は欠かせないので、ナッツやうなぎ、牡蠣や野菜、果物をしっかりと食べるようにしましょう。

 

良質なたんぱく質の食品も、食事に取り入れるように心がけることです。代謝を行うため、解毒をするために肝臓は大量の酵素を作り出しますが、その数は2000種類以上にもなります。酵素を作っているのが、たんぱく質の成分です。消化がよくて、なおかつ吸収のよいタンパク質には、大豆加工食品や玄米、大豆に肉や魚、乳製品などもあります。これらも、レシピを工夫しながら取り入れましょう。

 

なにかだけを食べるのは、長く続きません。肝臓に良い食事を心がけるなら、レシピにもアレンジを加えて、健康に良い食材を使ったメニューを作りましょう。レシピは煮物や揚げ物、シャキシャキ野菜との炒め物などもよいでしょう。飲み物に関して言えば、濃い緑茶は肝臓のケアにも向いています。緑茶にはカテキンが含まれているので、飲み物としてぴったりです。飲み物としては、アルコールは控えて、温かい緑茶を習慣にしたほうが良いでしょう。アルコールを大量に飲む人は、ウコンを飲むと良いです。

肝臓の数値が高い原因は?下げる方法を教えてください。

会社の定期検診の結果で、肝臓の数値が全般に高いという経験があるかと思います。ここでいう肝臓の数値とは、γ-gtp、GOT、GPTなどです。γ-gtpは、肝臓や胆管の細胞が壊れた時に分泌される成分で、この数値が高いことで肝臓に関する様々な病気にかかっていることを知らせてくれます。

 

参考HP⇒よくわかる!肝機能ナビl 肝臓の数値の意味がわかるサイト

 

GOTとGPTは、ともにたんぱく質を分解してアミノ酸を作りだす成分の一種ですが、GPTがほとんど肝臓に存在するのに対し、GOTは心臓や赤血球、手足の筋肉などにも存在します。このため、肝臓になんらかの異常がある場合は両方の数値が上がります。特にGOTだけが上がり、GPTがあまり上がらない状況だと、心筋梗塞などが原因の可能性が高まります。

 

これらの数値が高い場合、どうすれば下げることができるかですが、γ-gtpのようにアルコールにすぐ反応する成分の場合、アルコールを摂取することで、その数字は大きく変動します。そのため、この成分における値が高かった場合は、禁酒をすることで下げることができます。アルコールではなく、薬の服用が原因の場合は、服用量の見直しなどができれば下げることができます。GOTやGPTの下げ方ですが、食生活の改善が求められるようになります。

 

例えば、脂っこい食べ物、炭水化物や甘い物の過剰な摂取は控えるようにしましょう。脂肪肝の原因は高カロリーの食べ物をとることで起こります。また、肝臓にいい食べ物を積極的に食べていきましょう。酵素のエネルギーとなるアラニンが多く含まれるしじみやホタテ、胆汁生産を助けてくれるタウリンを多く含むカキやタコの魚介類、傷んだ細胞を回復する良質なたんぱく質を含む、大豆や肉、魚、乳製品を意識的に食べるようにしましょう。

 

喫煙行為は、有害物質のニコチンやタールを肝臓で処理するため、余計な負担を与えることになります。このため、禁煙を心がけるようにし、普段から適度な運動を行って数値の改善に取り組みましょう。