脂肪肝の原因と食事による改善方法について

脂肪肝の原因には食事が関係しており、食べ過ぎや飲み過ぎによって起こることが多いです。食べ過ぎや飲み過ぎにより肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まることにより脂肪肝になります。

 

糖分や脂質を摂り過ぎると肝臓に送られる脂肪酸が増えるため、肝臓で脂肪酸から作られる中性脂肪が肝臓に溜まってしまいます。アルコールを飲み過ぎることによっても、肝臓に中性脂肪が溜まって脂肪肝になります。

 

自覚症状がないため定期的な検査によって発見されることが多くなっています。
アルコールの飲み過ぎが原因として有名ですが、肥満や糖尿病からも発症しますし、無理なダイエットとリバウンドを繰り返すなど肝臓に負担をかけることも原因となります。

 

肝硬変はアルコールを飲む方の病気のイメージがありますが、アルコールを飲まなくても脂肪肝になって肝臓に負担をかけると発症する危険がありますので早い段階での対応が大切です。

 

食事による改善方法としては、アルコールの飲み過ぎをやめ、低カロリー、低脂肪のバランスの良い食事にすることが大切です。食べ過ぎてしまう方は食事量を減らすことも大切です。

 

脂肪肝に良い食品を積極的に取り入れることも改善方法の一つです。良い食品としてあげられるものとしては、タウリンを多く含むイカやタコ、牡蠣といったものがあげられます。豆類やゴマ、わかめなどの海藻類、野菜、魚介類、キノコ類、イモ類などを意識しながらバランスよく食べましょう。改善のためには、一日に必要な摂取カロリーも意識しましょう。

 

成人が1日に必要とするカロリーは、一般的には1600カロリー程度です。あまり少な過ぎてもいけませんので、適量を心がけましょう。運動をするという方法もありますが、運動だけでの改善は難しいです。糖尿病や肥満が気になる方の場合には、糖質と脂質は控えることが必要です。ただし、食べなければ良いわけではなく、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどについては十分とる必要があります。脂肪肝改善のためには、特にビタミンの消費は激しくなりますので、十分に補給するようにしましょう。