肝臓の働き・機能・役割は?肝臓について気になること調べてみた

肝臓は人体の中で最も重い臓器の1つであり、役割の多さから他の臓器と異なる血液循環器機能を持っている点が特徴的です。

 

肝臓の代表的な血管としては肝動脈と門脈があげられ、前者は酸素を運搬する役割を持ちますが、後者に関しては栄養素を中心に必要な成分を供給する機能があります。

 

主な肝臓の役割としては代謝のコントロールに加えて、体内における解毒作用と排泄関連の働きが活発であるほか、脂質や糖質・たんぱく質などを合成・分解・貯蓄することで人体の活動エネルギーへ変換する働きも備わっています。

 

解毒作用としては体内で発生するアンモニアや飲酒によるアルコールなどを無害な成分へと処理できるので、毒素を蓄積せず体外へ排出する際に欠かせない存在です。

 

全身へ作用する臓器であることから、病気や何らかの障害によって肝臓の機能に低下が見られると、全身の倦怠感や皮膚の変色・血液関連の異常を引き起こし、進行具合によっては命に関わる例も想定されるため、十分に注意しなければなりません。

 

ただし、肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれるほど病気を発症しても自覚症状が出にくい傾向にあり、定期的に医療機関で検査を受けておかないと働きが低下していても、重度となるまで気づかない可能性を考慮しておく必要性が生じます。
特に食べすぎや強いストレス及びアルコールの過剰摂取は肝臓に対して継続的な負担を与える要因となるため、肝機能が低下しないよう生活習慣を見直す選択が求められます。

 

肝臓自体が持つ再生・修復能力は他の臓器と比較して非常に高いので、致命的な病気の発症などで本来の機能が失われない限りは日数の経過と共に元の状態へ治癒しやすく、飲酒や食生活で負担を与えている場合には休ませる心がけが大切といえます。

 

また、定期的な健康診断を受けておくと、万が一に肝硬変やガンを発症していて自覚症状が起こらなくても、早期に発見できる分だけ治療の成功率を高めることが可能となります。